ねんきん定期便とは

郵便受

ねんきん定期便とは、国民年金や厚生年金に加入している方に配布されるパンフレットのようなものです。 日本年金機構が厚生労働省の代わりに配布しており、年金加入者に年金の概要などを知ってもらうために作成されています。

特に、年金を受け取るための加入期間を確保するための年齢として、35歳、45歳、59歳の方にはより詳しいねんきん定期便が届けられます。
それ以外の年齢の方には、ハガキで簡単な内容の確認程度のねんきん定期便が届けられます。

35歳・45歳の方には、主にそれまでの年金支払い状況や加入履歴のお知らせなどが封書で届きます。 将来年金をもらうためのデータがまとめて届けられるというイメージでしょうか。
年金をただ払っているだけでなく、こうしたデータが届けば将来の年金に対するイメージが湧きやすくなるでしょう。 また、年金を延滞しがちの方はこのねんきん定期便が届いたあたりでもう一度自分の支払い実績などを見直しましょう。

このように、年金を支払う上での節目の年齢として35歳・45歳の時点で封書のかたちで年金定期便が届けられます。

年金を受け取る時期が近づいてきた59歳の時点ではより詳しい年金データが届けられます。
主な内容としては、今まで支払ってきた年金の履歴や、年金受給が開始したらいくら貰えるかなどのデータが受け取れます。 そうしたねんきん定期便を受け取ることで、今後の年金生活の展望がわかってくるといえるでしょう。

以上のように、ねんきん定期便は毎年届けられ、節目となる年には詳しいデータ付きで送られてきます。 普段支払っている年金が実際にどういったかたちで将来受け取れるかがわかるのです。

個人年金やiDeCoの普及により、最近は若い人でも将来の蓄えに強い関心を示す人が多くなってきました。「自分の身は自分で守る…」という考えが根付いてきたように思います。日々お金を使いすぎてなかなか貯金ができないという方もいると思いますが、クレジットカードで使った分を目に見える形にすると無駄遣いが少なくなりますよ。ルミネカードの審査についてまとめていますので参考にしてください。

年金受給者の方でもお金を借りれるって知ってました?キャッシングには申込みの年齢が決まっていますが、カードローンによっては65才まで借りれるところもあります。出費が重なり、年金だけじゃどうしても足りない…という場合は、キャッシングを利用することも1つの手段だと思います。お金を借りるおすすめの方法に詳しくまとめられているので参考にしてください。

このページのトップへ