10年間の後納は平成27年まで

年金を払い忘れた、または事情があって払えなかったという方もいらっしゃるかと思われます。 また、自分には年金なんて必要ないなんて思って、年金をあえて払わないという方もたまにいらっしゃいます。 そういった人々が過去に遡って支払えるのは2年前までの年金となっています。
年金の時効が2年に定まっているため、2年以前の未納分の年金を払っても、受理されないことになっています。 年金は加入者全員が常に毎月払わないと機能しないので、一種のペナルティのような処置といえます。

そんな年金ですが、近年「国民年金の後納制度」を実施していました。
この後納制度とは、2年の時効制度を保留し、10年分の後納を認めるという救済措置のような制度です。

つまり、お金に余裕が無くて国民年金が支払えなかったけれど、今なら支払える、そんな方の後納を認めるという制度です。 この制度を使えば、少額になってしまった国民年金を、増加させることも可能なのです。

納付書

ただし、この後納制度の期限は平成24年10月1日〜平成27年9月30日までとなっており、もうすぐ期限がせまっています!

今まで事情があって年金が納入できなかったという方にとってはまたとないチャンスですので、急いで納入しましょう! 支払い期間中に後納の手続きを行い、後納支払い書を持ってコンビニなどで支払いを済ませれば、過去10年分の未納が免除というかたちになります。

事情があって払わなかった、何となく払ってなかったけどやっぱり払いたい、うっかり払い忘れていたという方でもやりなおせるチャンスですので、ぜひ後納制度をご利用ください!

このページのトップへ